パソコンを使っている男性

最新記事一覧

SITE MAP

ユーザーファーストのSEO対策と内部リンクを

男の子と女の子

SEOを少しかじったことのある人なら、サイト運営において「リンク」の重要性はなんとなく感じていると思います。リンクといっても、内部リンクと外部リンクとがありますが、ユーザーファーストSEOを考える時には、内部リンクが大きな意味を持ってきます。今回は内部リンクのSEO対策としての効果について、確認しておきましょう。
内部リンクというのは、サイト内の記事と記事とを繋げるリンクのことです。一つのページを読んでいると、本文中や本文の下に関連記事が表示されていることがあります。これらが内部リンクです。内部リンクを設置することで、読者により多くのコンテンツを読んでもらうことで、結果的に検索エンジンの評価を上げることが可能です。これは、内部リンクを設置することでサイト内の記事が探しやすくなるため、ユーザーフレンドリーなサイトと見なされるためです。
また、関連記事やユーザーが興味を持ちそうな他記事へ誘導することでサイト訪問者をより長くサイト内に留まらせる効果があります。これも検索エンジンに好まれる要因となるでしょう。このようにユーザーファーストSEOを考えている場合、内部リンクなどの内部施策は非常に効果的です。特にユーザーのサイト滞在時間が短いという悩みがある場合には、ぜひとも試してみるべき、ユーザーファーストSEOの方法です。

検索エンジンの為ではなくユーザーファーストSEOを

検索エンジンに特化したSEO対策の重要性は今も昔も変わりませんが、最近ではもう一つのSEO対策も注目されています。それがユーザーファーストSEOです。ユーザーファーストSEOとは簡単に言えば、ユーザーが使いやすいようにホームページを作るという事です。
どんなものがあるのかと言えば、例えば表示速度の向上が挙げられます。そのホームページにアクセスした時になかなかホームページが表示されないのと、一瞬でホームページが表示されるのとでしたら、後者の方が遥かにユーザーが使いやすいと感じますよね。また、適度に見出しなどを強調して、何が書いてあるページなのかをパッと見ただけで分かりやすくしておくなどもユーザーファーストSEOとなります。じっくり文章を読まなくても大体どういったページなのかが分かればユーザーは無駄な労力を使わなくて済みます。
このようなユーザーファーストSEOをしっかりとやっておく事で、それは通常のSEO対策としての効果を得られる可能性も高いです。もちろん全てのユーザーファーストSEOが通常のSEO対策として効果的だという事はありませんが、ユーザーの事を思っての対策は検索サイト側からの評価も高く、やっておいて損の無いものです。

ユーザーファーストSEOのホワイトハットとブラックハット

SEO対策関連の情報を集めていると、よく見かけるのが、ホワイトハットとかブラックハットというものではないでしょうか。ハットというと英語で「帽子」を意味していますが、SEOに帽子がどう関係するのか不思議に思っている人もいるかもしれません。
ホワイトハットもブラックハットもSEO対策の手法のことを指しています。そのテクニックの中でも、ホワイトハットはどちらかというと正統派なものを指し、ブラックハットは検索エンジンのウラをかくような「ブラック」な手法のことを指しています。つまり、ユーザーファーストSEOはホワイトハットの方に当てはまります。具体的にブラックハットの方法としては、隠しキーワードとして読者には見えないように背景色と同じテキスト色でキーワードを大量に散りばめたり、被リンク用に低品質なサイトを作りメインサイトリンクを大量におくったりする方法です。
以前はこのようなブラックな手法もSEO対策として効果がありましたが、ユーザーファーストSEOが主流になりつつある現在は、むしろ逆効果になることがあります。とはいえ、外部からリンクを集めること自体はSEO対策として非常に効果があります。ただし、こういったユーザーファーストSEOに反する手法は、ペナルティーを受けるリスクも高いので、専門のSEO業者に任せることをオススメします。

オススメ記事